展覧会・学院行事

「同人会新年会」

本院「同人会」の新年会が1月20日(日)にANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催されました。池田魚外会長の年頭挨拶の後、役員紹介が行われ、また余興では抽選会やおめでたい祭り囃子と獅子舞で盛り上がり、楽しい有意義なひとときとなりました。同人会の皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。


池田会長の年頭挨拶

役員の紹介


乾杯のご発声、本多副会長

獅子舞と記念撮影


見事抽選に当たった皆さん

講師、書友と楽しい一時


第43回「書き初め誌上展」

第43回書き初め誌上展の審査が行われ各賞が決定しましたので、特選以上の受賞者名と大賞、準大賞の作品を紹介致します。
表彰式は、一般の部(大人)を1月12日(土)午後1時~、児童・生徒の部を1月13日(日)午後1時~、本校舎3階にて行ないました。受賞者の皆さんおめでとうございました。
__________________________________________________


【一般の部】                                                【児童の部】

大賞の表彰

大賞の表彰


特選の表彰

準大賞の表彰


大賞受賞者の挨拶

東京新聞賞の表彰


4回に分けて撮影しました

条幅の部、半紙の部と2回に分けて撮影しました


__________________________________________________

【一般の部】

< 同人会の部 > 
[大賞] 村野光寿  [準大賞] 田中黄雲  [東京新聞賞] 池口雅風  
[特選] 古賀睡山、鈴木群佳、髙橋星覧、畠山雪楊、前田響嘩、丸田望雨、柳田煌海、城尾雅愁
     吉梅典寿、布留川華淑、小山莉晶

<本院生徒の部> 
[大賞] 中山聳雲 [準大賞] 原 兔月  [東京新聞賞] 根津煌露  
[特選] 石川紅玲、小田嶋青哢、芝田昌子、志村春蘭、関根野遊、深沢健二、堀米瑞圓、横山樂謳
     若月吟爽、出雲紅龍、伊藤水藍、金 慧花、下山博美、瀬川光葉、仁木皐月

<支部会員の部> 
[大賞] 中野翔珀  [準大賞] 西川真弓  [東京新聞賞] 三添敦子 
[特選] 伊藤恭子、清水泰衣、関根翔陽

<半紙の部> 
[大賞] 上前櫻風  [準大賞] 堀内櫻蓁  [東京新聞賞] 沼田翔玉  
[特選] 中村群青、水村双樹、秋葉祐子、栗林響媛、藤池翔華、森本晃正

           
【大賞】           

<同人会の部>村野光寿

<同人会の部>村野光寿

<本院生徒の部>中山聳雲

<本院生徒の部>中山聳雲


<支部会員の部>中野翔珀

<支部会員の部>中野翔珀


<半紙の部>上前櫻風

<半紙の部>上前櫻風

【準大賞】

<同人会の部>田中黄雲

<同人会の部>田中黄雲

<本院生徒の部 >原 兔月

<本院生徒の部 >原 兔月


<支部会員の部>西川真弓

<支部会員の部>西川真弓


<半紙の部>堀内櫻蓁

<半紙の部>堀内櫻蓁


__________________________________________________

【児童の部】

<条幅の部>
[大賞] 今井琉月(四年)    [準大賞] 仲村美来(五年)  
[東京新聞賞]
 吉野 碧(中二)、鈴木七奈帆(六年)、森 結々奈(五年)、岩上ひより(四年)、高尾佳恵(三年)、
 糸日谷陽向(二年)、田中創梧(幼年)  
[特選]
 髙原那月(中三)、高須望華(六年)、松﨑悠真(五年)、鈴木ななみ(四年)、石橋 結(三年)、
 村田大羽(二年)、橋本緋花(一年) 

<半紙の部>
[大賞] 吉野琶音(六年)    [準大賞] 若林慈英(二年)  
[東京新聞賞]
 細島未羽(中二)、川平瑞菜(六年)、仲村美来(五年)、岩上ひより(四年)、石橋 結(三年)、
 糸日谷陽向(二年)、豊山栞乃(一年)  
[特選]
 阿部美優(中二)、福田有倖(六年)、柴本健誠(五年)、髙橋奏人(四年)、岩本梓沙(三年)、
 田中芙弥(二年)、吉田穂栞(一年)

【大賞】                                                     【準大賞】

今井琉月

今井琉月


吉野琶音

吉野琶音


仲村美来

仲村美来


若林慈英

若林慈英


第43回「書き初め誌上展」-審査結果

第43回書き初め誌上展の審査が行われ、各賞が決定しましたので特選以上の上位受賞者を紹介致します。
表彰式は、一般の部(大人)を1月12日(土)午後1時~、児童・生徒の部を1月13日(日)午後1時~、本校舎3階にて行なわれます。受賞者の皆さんおめでとうございました。
(大賞・準大賞の作品写真を近日掲載する予定です)
__________________________________________________

【一般の部】

< 同人会の部 > 
[大賞] 村野光寿  [準大賞] 田中黄雲  [東京新聞賞] 池口雅風  
[特選] 古賀睡山、鈴木群佳、髙橋星覧、畠山雪楊、前田響嘩、丸田望雨、柳田煌海、城尾雅愁
     吉梅典寿、布留川華淑、小山莉晶

<本院生徒の部> 
[大賞] 中山聳雲 [準大賞] 原 兔月  [東京新聞賞] 根津煌露  
[特選] 石川紅玲、小田嶋青哢、芝田昌子、志村春蘭、関根野遊、深沢健二、堀米瑞圓、横山樂謳
     若月吟爽、出雲紅龍、伊藤水藍、金 慧花、下山博美、瀬川光葉、仁木皐月

<支部会員の部> 
[大賞] 中野翔珀  [準大賞] 西川真弓  [東京新聞賞] 三添敦子 
[特選] 伊藤恭子、清水泰衣、関根翔陽

<半紙の部> 
[大賞] 上前櫻風  [準大賞] 堀内櫻蓁  [東京新聞賞] 沼田翔玉  
[特選] 中村群青、水村双樹、秋葉祐子、栗林響媛、藤池翔華、森本晃正

           

__________________________________________________

【児童の部】

<条幅の部>
[大賞] 今井琉月(四年)    [準大賞] 仲村美来(五年)  
[東京新聞賞]
 吉野 碧(中二)、鈴木七奈帆(六年)、森 結々奈(五年)、岩上ひより(四年)、高尾 佳恵(三年)、
 糸日谷陽向(二年)、田中創梧(幼年)  
[特選]
 髙原那月(中三)、高須望華(六年)、松﨑悠真(五年)、鈴木ななみ(四年)、石橋 結(三年)、
 村田大羽(二年)、橋本緋花(一年) 

<半紙の部>
[大賞] 吉野 琶音(六年)    [準大賞] 若林慈英(二年)  
[東京新聞賞]
 細島未羽(中二)、川平瑞菜(六年)、仲村美来(五年)、岩上ひより(四年)、石橋 結(三年)、
 糸日谷陽向(二年)、豊山栞乃(一年)  
[特選]
 阿部美優(中二)、福田有倖(六年)、柴本健誠(五年)、髙橋奏人(四年)、岩本梓沙(三年)、
 田中芙弥(二年)、吉田穂栞(一年)


「牧墨会15周年記念展」

鳥の子支部主催の「牧墨会15周年記念展」が12月8日より、千葉市中央区の千葉市文化センターにて開されました。開塾15周年を記念し愛蓮展も同時開催され、一般・児童生徒合わせて33名の出品となりました。


【主 催】 鳥の子支部    支部長 宮川愛蓮

【会 期】
  平成30年12月8日(土)~12月10日(月)
  午前10時~午後6時
  (最終日は午後4時まで)

【会 場】
 千葉市文化センター5階市民サロン
  千葉市中央区中央2-5-1
  千葉中央ツインビル2号館
  JR千葉駅より徒歩10分
  京成線千葉中央駅より徒歩10分


本院・同人会会員の活動をご紹介

【柳田煌海さんプロフィール】
日本教育書道藝術院師範資格取得・現審査会員
東京書作展審査会員
横浜市栄区書道協会会長
東京書作展東京新聞賞・特選・優秀賞など多数受賞


 本院出身者の多くが多方面で活躍されていますが、そのお一人である柳田煌海さんは先般、横浜市栄区の委託を受け、外国人に日本文化を知ってもらおうと同区が推進する「外国人おもてなしプログラム」の一環として、アフリカ6か国7名の水道技術研修員に対する「書道体験教室」を開きました。
 その際、海外勤務が長かった柳田さんは、毛筆で字を書くだけの一般的な体験にとどまらず、帰国後もずっと日本の芸術文化を享受できる「永続的なおもてなし」を目指し、協会員の全面的な協力を得て、彼らの名前印を彫り、扇子に手書きしてプレゼントされたそうです。彼らの名前印を手にして驚喜する姿や、その印が押された自作品を互いに見せ合って大喜びする姿、扇子に書かれた、人道を示唆する「心如水」の解釈を真剣に聴き入る姿は、今も忘れないといいます。そして、こう言ってお顔をほころばせました。「思わぬところで海外での経験と書道の経験を同時に活かすことになった。知人に、日本の草の根外交に貢献したようなものだと言われたが、これも書道に携わってきたからこそできたことだよ」


適正コース診断

展覧会・学院行事のおしらせ
第44回「書き初め誌上展」-審査結果
折帖ゼミナールが行われました
第41回「東京書作展」
第41回「東京書作展」-審査会
本院・同人会会員の活動をご紹介
» イベント一覧を見る


ページの一番上に戻る