展覧会・学院行事

上野三碑「多胡碑」日帰りバスツアーが行われました

本院主催の上野三碑「多胡碑」を訪ね、群馬県の名所をまわる日帰りバスツアーが5月13日(日)に行われました。

多胡碑は群馬県高崎市にあり、奈良時代に造立され、国の特別史跡に指定されている石碑です。
刻まれている書体は、18世紀から現在まで日本や中国の「書」の手本として多くの人々に愛好され、本院が発行している月刊誌「教育書藝」の表紙になっております。
本院にて多胡碑を深く学ぶゼミナールが行われていたこともあり、講師含め総勢104名での催行となりました。

群馬県名産のこんにゃく御膳の昼食の後、多胡碑記念館を訪れ、現地案内ガイドの説明を聞きながら鑑賞をしました。
その後、世界遺産の富岡製糸場にも立ち寄り、とても充実した内容のバスツアーとなりました。
書友との旅行が初めての方も多く、バスの中でも話が弾み、学校の教場とは違った雰囲気の時間で交流を深められた様子でした。


現地ガイドから多胡碑の解説

多胡碑はこの中に保管されています


多胡碑レプリカ(撮影:本院編集部)

記念館・学芸員からの解説(拓本展示室)


上野三碑の解説(レプリカ展示室)

昼食風景


文字考ゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

文字考とは、書における創作のための文字の一考察である
(創設者大溪洗耳講義・文字考より)

文字の原則を知り、書作に活かす為の講座「文字考ゼミナール基礎編」が行われました。
このゼミナールでは草書の在り方、書写体、異体字、俗字などについて学びます。
普段授業の中で書いている文字を、改めて一つ一つ成り立ちから再確認する事が出来るので、皆さん興味深く熱心に受講されていました。



樂毅論ゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

正倉院に伝わる光明皇后が臨書をした「樂毅論」を学ぶゼミナールが行われました。
このゼミナールでは講義で光明皇后についてや臨書の着眼点について学び、実技で全文を臨書し、作品を針と糸を使い和綴じ本に仕上げました。
皆さんそれぞれに工夫を凝らし、色とりどりの作品が完成しました。



古典かなゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

卓上カレンダー・年賀状を書く「古典かなゼミナール」が行われました。
このゼミナールでは半壊紙を使って年賀状とカレンダーをオリジナルで作成しました。
写真のように素敵な作品が仕上がり、皆さん普段の授業とは違った雰囲気の中で楽しみながら参加されていました。



絵手紙ゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

顔彩を使用し色鮮やかに書く「絵手紙ゼミナール」が先日行われました。
このゼミナールでは年賀状とカレンダーをオリジナルで作成しました。
墨の扱いに慣れている皆さんも色を取り入れて書くことで新たな発見があった様子です。
普段のクラスとは違う方々との交流も出来、皆さんとても楽しそうに受講されていました。




適正コース診断

展覧会・学院行事のおしらせ
第45回「書き初め誌上展」
第45回「書き初め誌上展」-審査結果
第42回「東京書作展」
第42回「東京書作展」-審査会
第44回「日本教育書道藝術院書作展」
» イベント一覧を見る


ページの一番上に戻る