展覧会・学院行事

第40回「東京書作展」-審査会

大賞に 入江 爽玉 さん

東京新聞主催の全国公募書道展「第40回東京書作展」の審査が10月23日より25日まで足立区北千住のシアター1010にて開催されました。25日には公開で最終討論審査が行われ、本院の入江爽玉さん(同人・研究科在籍)が見事、内閣総理大臣賞(大賞)を受賞しました。会期は11月26日(月)から東京上野の東京都美術館にて開催されます。今年も本院から多くの上位受賞者が選出されました。ぜひご来場下さい。


第三次審査結果発表(公開にて作品・得点を発表)

第三次審査結果発表(公開にて作品・得点を発表)


第四次最終審査(公開討論)

第四次最終審査(公開討論)

_________________________________________________

【会 期】 平成30年11月26日(月)~12月2日(日)
      午前9時30分~午後5時30分(入場5時まで)
       ※最終日12月2日は午後2時30分まで(入場2時まで)
【会 場】 東京都美術館 1階・第1~4展示室  東京都台東区上野公園8-36
【入場料】 500円

【表彰式】 平成30年11月26(月) 午後1時より
【会 場】 東天紅 東京都台東区池之端1-4-1 上野不忍池畔


第39回「同人書作展」-作品募集

「第39回日本教育書道藝術院同人書作展」 出品要項  -公募-

主催 / 日本教育書道藝術院   後援 / 東京新聞   協賛 / ホクエツ印刷 、春光堂

本展は、東洋の文化と伝統を受けつぐ書道の普及、古典を背景にした書を学ぶ人々の発表の場を設けるために発足し、昭和56年より毎年開催してまいりました。多数の応募をお待ちしております。

【会期】
平成31年6月26日(水)~7月7日(日)
午前10時~午後6時 (初日のみ12時30分開場)  休館日7月2日(火)

【会場】
国立新美術館   東京都港区六本木7-22-2

【出品資格】
満18歳以上の者

【出品料】
12,000円 (税込)  出品料は理由の如何を問わず返却致しません。
[出品料振込先]郵便口座番号:00190-6-776664 <出品時に郵便振込控えのコピーを添付>
入選以上の作品は主催者にて表装し展示します。表装料等は出品者負担とし、成績通知の際にお知らせします。

【部門・作品寸法】
1.漢字部門  2.漢字かな交じり文部門  3.仮名部門
・ 最大寸法  縦 240cm ×  横 無制限
・ 最小寸法  縦・横 半折1/2 (35cm×70cm)

【搬入】
作品は総て書かれたままの状態にて事務局宛郵送下さい。
締切日-平成31年4月24日(水) <4月24日必着>
〒110-0005 東京都台東区上野3-19-1  「日本教育書道藝術院同人書作展」事務局

【表彰式・懇親会】
平成31年7月6日(土) 午後5時30分開会(5時受付)
キャピトルホテル東急   東京都千代田区永田町2-10-3

【その他・注意事項】
審査・陳列についての異議申立は受け付けません。本書作展の展示作品写真及び氏名を記載した図録を発行致します。展示作品出品者には図録1部をお渡しします。尚、出品作品は展覧会終了後、郵送にて返却致します。


◇事務取り扱い並びにお問い合わせ先
〒110-0005 東京都台東区上野3-19-1
「日本教育書道藝術院同人書作展」事務局
TEL 03-3836-0901  E-mail:dojinten@shodou.co.jp


本院・同人会会員の活動をご紹介

【柳田煌海さんプロフィール】
日本教育書道藝術院師範資格取得・現審査会員
東京書作展審査会員
横浜市栄区書道協会会長
東京書作展東京新聞賞・特選・優秀賞など多数受賞


 本院出身者の多くが多方面で活躍されていますが、そのお一人である柳田煌海さんは先般、横浜市栄区の委託を受け、外国人に日本文化を知ってもらおうと同区が推進する「外国人おもてなしプログラム」の一環として、アフリカ6か国7名の水道技術研修員に対する「書道体験教室」を開きました。
 その際、海外勤務が長かった柳田さんは、毛筆で字を書くだけの一般的な体験にとどまらず、帰国後もずっと日本の芸術文化を享受できる「永続的なおもてなし」を目指し、協会員の全面的な協力を得て、彼らの名前印を彫り、扇子に手書きしてプレゼントされたそうです。彼らの名前印を手にして驚喜する姿や、その印が押された自作品を互いに見せ合って大喜びする姿、扇子に書かれた、人道を示唆する「心如水」の解釈を真剣に聴き入る姿は、今も忘れないといいます。そして、こう言ってお顔をほころばせました。「思わぬところで海外での経験と書道の経験を同時に活かすことになった。知人に、日本の草の根外交に貢献したようなものだと言われたが、これも書道に携わってきたからこそできたことだよ」


第9回「斲輪書作展」

本院同人会役員の先生方の書作グループ「斲輪會」(たくりんかい)の第9回書作展が、7月27日(金)より有楽町マリオン・朝日ギャラリーにて開催されました。



【会期】 平成30年7月27日(金)~8月1日(水)
 午前11時~午後6時 (最終日のみ午後5時閉場)
【会場】 有楽町マリオン11階 朝日ギャラリー
 東京都千代田区有楽町2-5-1
【入場料】 無料
________________________

 斲輪會創始者 大溪洗耳
 池村 光琳(会長)
、  野々下 瑤水(副会長)
 内田 翠桂、  久米 美搖、  斎藤 洗鵞
 関根 七緯、  中林 汀舟、  根本 季翔  


漢字かなまじり文ゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

漢字かなまじり文の理論と創作のコツを学ぶ「漢字かなまじり文ゼミナール」が行われました。
この講座では「いろは」の字源など基礎から作品創りまで、講義と実技を交えて学びました。改めて基本の「いろは」を学ぶ事で今後の作品創りに活きてきますので、皆さん熱心に受講されていました。



適正コース診断

展覧会・学院行事のおしらせ
第39回「同人書作展」
第39回「同人書作展」-審査結果
第39回「同人書作展」-6月26日より開催
大溪洗耳先生の墨蹟と中国悠久の古都 西安・洛陽を訪ねて
実用書ゼミナールが行われました
» イベント一覧を見る


ページの一番上に戻る