展覧会・学院行事

第43回「書き初め誌上展」-審査結果

第43回書き初め誌上展の審査が行われ、各賞が決定しましたので特選以上の上位受賞者を紹介致します。
表彰式は、一般の部(大人)を1月12日(土)午後1時~、児童・生徒の部を1月13日(日)午後1時~、本校舎3階にて行なわれます。受賞者の皆さんおめでとうございました。
(大賞・準大賞の作品写真を近日掲載する予定です)
__________________________________________________

【一般の部】

< 同人会の部 > 
[大賞] 村野光寿  [準大賞] 田中黄雲  [東京新聞賞] 池口雅風  
[特選] 古賀睡山、鈴木群佳、髙橋星覧、畠山雪楊、前田響嘩、丸田望雨、柳田煌海、城尾雅愁
     吉梅典寿、布留川華淑、小山莉晶

<本院生徒の部> 
[大賞] 中山聳雲 [準大賞] 原 兔月  [東京新聞賞] 根津煌露  
[特選] 石川紅玲、小田嶋青哢、芝田昌子、志村春蘭、関根野遊、深沢健二、堀米瑞圓、横山樂謳
     若月吟爽、出雲紅龍、伊藤水藍、金 慧花、下山博美、瀬川光葉、仁木皐月

<支部会員の部> 
[大賞] 中野翔珀  [準大賞] 西川真弓  [東京新聞賞] 三添敦子 
[特選] 伊藤恭子、清水泰衣、関根翔陽

<半紙の部> 
[大賞] 上前櫻風  [準大賞] 堀内櫻蓁  [東京新聞賞] 沼田翔玉  
[特選] 中村群青、水村双樹、秋葉祐子、栗林響媛、藤池翔華、森本晃正

           

__________________________________________________

【児童の部】

<条幅の部>
[大賞] 今井琉月(四年)    [準大賞] 仲村美来(五年)  
[東京新聞賞]
 吉野 碧(中二)、鈴木七奈帆(六年)、森 結々奈(五年)、岩上ひより(四年)、高尾 佳恵(三年)、
 糸日谷陽向(二年)、田中創梧(幼年)  
[特選]
 髙原那月(中三)、高須望華(六年)、松﨑悠真(五年)、鈴木ななみ(四年)、石橋 結(三年)、
 村田大羽(二年)、橋本緋花(一年) 

<半紙の部>
[大賞] 吉野 琶音(六年)    [準大賞] 若林慈英(二年)  
[東京新聞賞]
 細島未羽(中二)、川平瑞菜(六年)、仲村美来(五年)、岩上ひより(四年)、石橋 結(三年)、
 糸日谷陽向(二年)、豊山栞乃(一年)  
[特選]
 阿部美優(中二)、福田有倖(六年)、柴本健誠(五年)、髙橋奏人(四年)、岩本梓沙(三年)、
 田中芙弥(二年)、吉田穂栞(一年)


「牧墨会15周年記念展」

鳥の子支部主催の「牧墨会15周年記念展」が12月8日より、千葉市中央区の千葉市文化センターにて開されました。開塾15周年を記念し愛蓮展も同時開催され、一般・児童生徒合わせて33名の出品となりました。


【主 催】 鳥の子支部    支部長 宮川愛蓮

【会 期】
  平成30年12月8日(土)~12月10日(月)
  午前10時~午後6時
  (最終日は午後4時まで)

【会 場】
 千葉市文化センター5階市民サロン
  千葉市中央区中央2-5-1
  千葉中央ツインビル2号館
  JR千葉駅より徒歩10分
  京成線千葉中央駅より徒歩10分


第40回「東京書作展」

東京新聞主催の全国公募書道展「第40回東京書作展」が11月26日(月)より東京上野の東京都美術館にて開催されました。会期初日に行われた表彰式では、内閣総理大臣賞(大賞)を受賞した本院同人の入江爽玉さんなど、全国の入賞・入選した皆さんが表彰を受けました。
12月1日に行われた揮毫会では、本院の本多周方先生(東京書作展常任運営委員)が漢字かなまじり文を揮毫されました。


展示会場の様子

展示会場の様子

表彰を受ける入江爽玉さん


揮毫される本多周方先生

【会 期】 
平成30年11月26日(月)~12月2日(日)
午前9時30分~午後5時30分
※最終日12月2日は午後2時30分まで

【会 場】 
東京都美術館1階1~4展示室
東京都台東区上野公園8-36

【入場料】 500円


第40回「東京書作展」-審査会

大賞に 入江 爽玉 さん

東京新聞主催の全国公募書道展「第40回東京書作展」の審査が10月23日より25日まで足立区北千住のシアター1010にて開催されました。25日には公開で最終討論審査が行われ、本院の入江爽玉さん(同人・研究科在籍)が見事、内閣総理大臣賞(大賞)を受賞しました。会期は11月26日(月)から東京上野の東京都美術館にて開催されます。今年も本院から多くの上位受賞者が選出されました。ぜひご来場下さい。


第三次審査結果発表(公開にて作品・得点を発表)

第三次審査結果発表(公開にて作品・得点を発表)


第四次最終審査(公開討論)

第四次最終審査(公開討論)

_________________________________________________

【会 期】 平成30年11月26日(月)~12月2日(日)
      午前9時30分~午後5時30分(入場5時まで)
       ※最終日12月2日は午後2時30分まで(入場2時まで)
【会 場】 東京都美術館 1階・第1~4展示室  東京都台東区上野公園8-36
【入場料】 500円

【表彰式】 平成30年11月26(月) 午後1時より
【会 場】 東天紅 東京都台東区池之端1-4-1 上野不忍池畔


第39回「同人書作展」-作品募集

「第39回日本教育書道藝術院同人書作展」 出品要項  -公募-

主催 / 日本教育書道藝術院   後援 / 東京新聞   協賛 / ホクエツ印刷 、春光堂

本展は、東洋の文化と伝統を受けつぐ書道の普及、古典を背景にした書を学ぶ人々の発表の場を設けるために発足し、昭和56年より毎年開催してまいりました。多数の応募をお待ちしております。

【会期】
平成31年6月26日(水)~7月7日(日)
午前10時~午後6時 (初日のみ12時30分開場)  休館日7月2日(火)

【会場】
国立新美術館   東京都港区六本木7-22-2

【出品資格】
満18歳以上の者

【出品料】
12,000円 (税込)  出品料は理由の如何を問わず返却致しません。
[出品料振込先]郵便口座番号:00190-6-776664 <出品時に郵便振込控えのコピーを添付>
入選以上の作品は主催者にて表装し展示します。表装料等は出品者負担とし、成績通知の際にお知らせします。

【部門・作品寸法】
1.漢字部門  2.漢字かな交じり文部門  3.仮名部門
・ 最大寸法  縦 240cm ×  横 無制限
・ 最小寸法  縦・横 半折1/2 (35cm×70cm)

【搬入】
作品は総て書かれたままの状態にて事務局宛郵送下さい。
締切日-平成31年4月24日(水) <4月24日必着>
〒110-0005 東京都台東区上野3-19-1  「日本教育書道藝術院同人書作展」事務局

【表彰式・懇親会】
平成31年7月6日(土) 午後5時30分開会(5時受付)
キャピトルホテル東急   東京都千代田区永田町2-10-3

【その他・注意事項】
審査・陳列についての異議申立は受け付けません。本書作展の展示作品写真及び氏名を記載した図録を発行致します。展示作品出品者には図録1部をお渡しします。尚、出品作品は展覧会終了後、郵送にて返却致します。


◇事務取り扱い並びにお問い合わせ先
〒110-0005 東京都台東区上野3-19-1
「日本教育書道藝術院同人書作展」事務局
TEL 03-3836-0901  E-mail:dojinten@shodou.co.jp


適正コース診断

展覧会・学院行事のおしらせ
第39回「同人書作展」-6月26日より開催
大溪洗耳先生の墨蹟と中国悠久の古都 西安・洛陽を訪ねて
実用書ゼミナールが行われました
「山崎紅華書道作品展」
長恨歌ゼミナールが行われました
» イベント一覧を見る


ページの一番上に戻る