展覧会・学院行事

第11回「明珠会書作展」-6月21日より開催

明珠会支部の第11回「明珠会書作展」が6月21日より、江東区富岡の深川不動堂にて開催されます。開塾して17年、第11回目の支部展開催となります。ぜひご来場ください。

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
【主 催】 明珠会支部    支部長 鎌田明珠
【会 期】
 平成30年6月21日(木)~6月24日(日)
 午前9時30分~午後5時30分
 ※最終日は午後3時まで

【会 場】
 深川不動堂 地下1階
 江東区富岡1-17-13
 東西線/大江戸線 門前仲町駅より徒歩1分
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


文字考ゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

文字考とは、書における創作のための文字の一考察である
(創設者大溪洗耳講義・文字考より)

文字の原則を知り、書作に活かす為の講座「文字考ゼミナール基礎編」が行われました。
このゼミナールでは草書の在り方、書写体、異体字、俗字などについて学びます。
普段授業の中で書いている文字を、改めて一つ一つ成り立ちから再確認する事が出来るので、皆さん興味深く熱心に受講されていました。



樂毅論ゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

正倉院に伝わる光明皇后が臨書をした「樂毅論」を学ぶゼミナールが行われました。
このゼミナールでは講義で光明皇后についてや臨書の着眼点について学び、実技で全文を臨書し、作品を針と糸を使い和綴じ本に仕上げました。
皆さんそれぞれに工夫を凝らし、色とりどりの作品が完成しました。



「同人会新年会」

本院「同人会」の新年会が1月21日(日)にANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催されました。池田魚外会長の年頭挨拶の後、役員紹介が行われ、また余興では抽選会やおめでたい祭り囃子と獅子舞で盛り上がり、楽しい有意義なひとときとなりました。同人会の皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。


池田会長の年頭挨拶

役員の紹介


乾杯のご発声、本多副会長

獅子舞と記念撮影


見事抽選に当たった皆さん

講師、書友と楽しい一時


古典かなゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

卓上カレンダー・年賀状を書く「古典かなゼミナール」が行われました。
このゼミナールでは半壊紙を使って年賀状とカレンダーをオリジナルで作成しました。
写真のように素敵な作品が仕上がり、皆さん普段の授業とは違った雰囲気の中で楽しみながら参加されていました。



適正コース診断

展覧会・学院行事のおしらせ
第38回「同人書作展」-6月27日より開催
多胡碑ゼミナールが行われました
上野三碑「多胡碑」日帰りバスツアーが行われました
中国西安・興教寺より寛池住職一行が来日
第42回「日本教育書道藝術院書作展」-院内展
» イベント一覧を見る


ページの一番上に戻る