展覧会・学院行事

大溪洗耳先生の墨蹟と中国悠久の古都 西安・洛陽を訪ねて

今年、本院創設者大溪洗耳先生の十七回忌を迎え、記念行事として去る5月12日から16日までの日程で、池田魚外院長を始め、講師、生徒、総勢24名の友好団として中国・西安、洛陽を訪問しました。本院と友好関係にある世界遺産「興教寺」(西安)には大溪洗耳先生の遺墨6作品を刻した墨蹟塔が建立(2009年)されています。墨蹟塔見学を始め日本碑園、そして中国の名蹟を訪ねる充実した5日間の旅となりました。


寬池和尚より記念品の贈呈(興教寺にて)

大溪洗耳先生の墨蹟塔の前で


墨蹟塔を間近で見学

香山白園の日本碑園(大溪先生の作品建碑)にて


適正コース診断

展覧会・学院行事のおしらせ
本院・同人会会員の活動をご紹介
第39回「同人書作展」
第39回「同人書作展」-審査結果
第39回「同人書作展」-6月26日より開催
大溪洗耳先生の墨蹟と中国悠久の古都 西安・洛陽を訪ねて
» イベント一覧を見る


ページの一番上に戻る