展覧会・学院行事

長恨歌ゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

唐代の文化を探るとともに日本の平安文学に大きな影響を与えた詩人「白居易」の傑作である
「長恨歌」を深く学ぶ「長恨歌ゼミナール」が行われました。
長恨歌とは唐の時代の玄宗皇帝と楊貴妃の恋を詠んだ全120句の歌とされています。
まずは現代語訳で一句ずつ丁寧に理解した後、実際に思い思いの表現で作品制作に挑戦しました。 
授業では仕上げた作品を皆で鑑賞しながら、それぞれの解釈や感想を述べ合ったことで
受講生の皆さんから達成感も見受けられ、今後の作品制作への意欲が高まった様子でした。



適正コース診断

展覧会・学院行事のおしらせ
第39回「同人書作展」-6月26日より開催
大溪洗耳先生の墨蹟と中国悠久の古都 西安・洛陽を訪ねて
実用書ゼミナールが行われました
「山崎紅華書道作品展」
長恨歌ゼミナールが行われました
» イベント一覧を見る


ページの一番上に戻る