展覧会・学院行事

上野三碑「多胡碑」日帰りバスツアーが行われました

本院主催の上野三碑「多胡碑」を訪ね、群馬県の名所をまわる日帰りバスツアーが5月13日(日)に行われました。

多胡碑は群馬県高崎市にあり、奈良時代に造立され、国の特別史跡に指定されている石碑です。
刻まれている書体は、18世紀から現在まで日本や中国の「書」の手本として多くの人々に愛好され、本院が発行している月刊誌「教育書藝」の表紙になっております。
本院にて多胡碑を深く学ぶゼミナールが行われていたこともあり、講師含め総勢104名での催行となりました。

群馬県名産のこんにゃく御膳の昼食の後、多胡碑記念館を訪れ、現地案内ガイドの説明を聞きながら鑑賞をしました。
その後、世界遺産の富岡製糸場にも立ち寄り、とても充実した内容のバスツアーとなりました。
書友との旅行が初めての方も多く、バスの中でも話が弾み、学校の教場とは違った雰囲気の時間で交流を深められた様子でした。


現地ガイドから多胡碑の解説

多胡碑はこの中に保管されています


多胡碑レプリカ(撮影:本院編集部)

記念館・学芸員からの解説(拓本展示室)


上野三碑の解説(レプリカ展示室)

昼食風景


適正コース診断

展覧会・学院行事のおしらせ
第4回「華墨會美伝心書作展」
本院・同人会会員の活動をご紹介
中国西安・興教寺より寛池住職一行が来日
第9回「斲輪書作展」
漢字かなまじり文ゼミナールが行われました
» イベント一覧を見る


ページの一番上に戻る