展覧会・学院行事

文字考ゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

文字考とは、書における創作のための文字の一考察である
(創設者大溪洗耳講義・文字考より)

文字の原則を知り、書作に活かす為の講座「文字考ゼミナール基礎編」が行われました。
このゼミナールでは草書の在り方、書写体、異体字、俗字などについて学びます。
普段授業の中で書いている文字を、改めて一つ一つ成り立ちから再確認する事が出来るので、皆さん興味深く熱心に受講されていました。



適正コース診断

展覧会・学院行事のおしらせ
第43回「書き初め誌上展」-審査結果
「牧墨会15周年記念展」
第40回「東京書作展」
第40回「東京書作展」-審査会
中国西安・興教寺より寛池住職一行が来日
» イベント一覧を見る


ページの一番上に戻る