展覧会・学院行事

第41回「同人書作展」-6月29日より開催

第41回日本教育書道藝術院同人書作展を6月29日より、港区六本木の国立新美術館にて開催致します。
横幅寸法無制限、本展ならではの力作・大作が今年も展示されます。ぜひご来場ください。


【会期】 令和4年6月29日(水)~7月10日(日)  午前10時~午後6時(入場締切午後5時30分) [初日は12時30分会場・7月5日(火)休館日]

【会場】 国立新美術館 2階展示室(2CD)


 ・千代田線乃木坂駅6出口より直結
 ・日比谷線六本木駅4A出口より5分
 ・大江戸線六本木駅7出口より4分


※開催にあたり感染拡大防止対策を徹底します。(スタッフのマスク着用、消毒液の設置、設備・備品の消毒等)
ご来場の際には、マスク着用、咳エチケット、手指の消毒等にご協力ください。
また、37.5度以上の発熱や咳等、体調がすぐれない方は入場をお控えください。
国立新美術館における新型コロナウイルス感染症の感染防止対策や、開催日時等の最新情報は、美術館のホームページ(https://www.nact.jp)でご確認ください。


第46回「書き初め誌上展」

第46回書き初め誌上展の審査が行われ各賞が決定しましたので、特選以上の受賞者名と大賞、準大賞の作品を紹介致します。
受賞者の皆さんおめでとうございました。


__________________________________________________

【一般の部】

< 同人会の部 > 
[大賞] 福田玉庭  [準大賞] 古谷清徑  [東京新聞賞] 布留川華淑
[特選] 入江爽玉、江塚尚道、小山莉晶、田中黄雲、福山玲峯、村野光寿、柳田煌海、池口雅風、
     石山恍遙、大熊水蘭、鈴木群佳、田中精華、藤田馬遊、丸田望雨、鈴木群佳、芳野梨燁、
     井上遊行、掛村春耀、関口墨芳、豊田俊岳

<本院生徒の部> 
[大賞] 大塚雨羊  [準大賞] 塚田泉輝  [東京新聞賞] 伊藤華櫻  
[特選] 成瀬理心、笛木雙舟、皆川梨花、岩脇絋川、新田零明、横山朱華

<支部会員の部> 
[大賞] 柴﨑翔感  [準大賞] 白崎響雅  [東京新聞賞] 本木翔珠 
[特選] 七浦歌然、丸山眞和子、伊藤晃子

<半紙の部> 
[大賞] 成瀬理心  [準大賞] 岸井爽遊  [東京新聞賞] 谷本優月  
[特選] 大塚雨羊、國井かね、新田零明、笛木雙舟、井垣響蒼、橋本翔祐

           
【大賞】           

< 同人会の部 >福田玉庭


<本院生徒の部>大塚雨羊

<支部会員の部>柴﨑翔感


<半紙の部>成瀬理心

【準大賞】

<同人会の部>古谷清徑

<本院生徒の部 >塚田泉輝


<支部会員の部>白崎響雅


<半紙の部>岸井爽遊


__________________________________________________

【児童の部】

<条幅の部>
[大賞] 島貫夏帆(四年)    [準大賞] 小島彩葉 (二年)  
[東京新聞賞]
 山崎愛紗(中二)、冨田芽生(六年)、伊藤 論(五年)、佐藤 優(四年)、伊藤里奈(三年)、
 箭内沙羅(二年)、北村彩芽(一年)  
[特選]
 森結々奈(中二)、高尾佳恵(六年)、蛯原美桜(五年)、鈴木咲乃(四年)、吉橋巧真(三年)、
 井上 弦(二年)、河野咲月(一年) 

<半紙の部>
[大賞] 伊藤 論(五年)    [準大賞] 荻野愛菜(三年)  
[東京新聞賞]
 淡路航生(中二)、子安寧那(六年)、糸日谷陽向(五年)、長濱 彩(四年)、伊藤里奈(三年)、
 長濱 愛(二年)、外間海叶(一年)  
[特選]
 藤野珠吏(中一)、青島恵依(六年)、蛯原美桜(五年)、鈴木咲乃(四年)、齋藤利玖(三年)、
 小林茉央(二年)、杓野達希(幼年)

【大賞】                                                     【準大賞】

島貫夏帆


伊藤 論


小島彩葉


荻野愛菜


第43回「東京書作展」

東京新聞主催の全国公募書道展「第43回東京書作展」が11月26日(金)より東京上野の東京都美術館にて開催されました。会期初日に行われた表彰式では、内閣総理大臣賞(大賞)を受賞した本院同人の冨岡翠雲さんなど、全国の入賞・入選した皆さんが表彰を受けました。


展示会場の様子

展示会場の様子

表彰を受ける冨岡翠雲さん

【会 期】 
令和3年11月26日(金)~12月2日(木)
午前9時30分~午後5時30分

【会 場】 
東京都美術館1階1~4展示室
東京都台東区上野公園8-36



第43回「東京書作展」-審査会

大賞に 冨岡 翠雲 さん

東京新聞主催の全国公募書道展「第43回東京書作展」の審査が10月13日より15日まで足立区北千住のシアター1010にて開催されました。15日には公開で最終討論審査が行われ、本院の冨岡翠雲さん(同人・研究科在籍)が見事、内閣総理大臣賞(大賞)を受賞しました。会期は11月26日(金)から東京上野の東京都美術館にて開催されます。今年も本院から多くの上位受賞者が選出されました。ぜひご観覧下さい。


第四次最終討論審査の会場の様子


審査員の先生方による公開討論にて大賞作品が決定します

_________________________________________________

【会 期】 令和3年11月26日(金)~12月2日(木)
      午前9時30分~午後5時30分(入場5時まで)
       ※最終日12月2日は午後2時30分まで(入場2時まで)
【会 場】 東京都美術館 1階・第1~4展示室  東京都台東区上野公園8-36
【入場料】 500円

【表彰式】 令和3年11月26(金) 午前11時45分より
【会 場】 東京都美術館 講堂


折帖ゼミナールが行われました

<在校生対象のゼミナールのご紹介>

今回の折帖ゼミナールは、創立者の大溪洗耳先生揮毫の折帖を題材として、本多周方先生の講義と実践による指導で行われました。受講生の多くが折帖に初めて挑戦するという方で、その場での一発揮毫の緊張感を経験し、折帖作品を仕上げました。
(「折帖」とは和紙を貼り合わせた厚紙を一定の大きさにして継いで、折りたためるようにしたもの)



適正コース診断

展覧会・学院行事のおしらせ
第41回「同人書作展」-6月29日より開催
第46回「書き初め誌上展」
第43回「東京書作展」
第43回「東京書作展」-審査会
折帖ゼミナールが行われました
» イベント一覧を見る


ページの一番上に戻る